• 症状固定
  • 遺障害診断書
  • 等級認定手続き
  • 保険会社から賠償額の提示
  • 示談交渉

症状固定

目に見えて治療の効果が上がらず、症状が一進一退を繰り返す状態になることを症状固定といいます。頚椎捻挫等による痛みの場合、6か月を経過しても症状が残る場合に後遺障害を疑います。回復の状況や保険会社・主治医の意見を踏まえ、適切な症状固定時期を見極めることが必要になりますから、治療の終期が見えてきたらお早めに弁護士にご相談ください。

後遺障害診断書

後遺障害等級認定のための最も重要な資料です。自賠責保険所定の後遺障害診断書を主治医に作成してもらいます。後遺障害診断書の書き方がまずかったり、検査・測定が十分でなかったことが影響して適切な等級が認定されない例もありますから、後遺障害診断の受け方について不安があれば弁護士にご相談ください。

等級認定手続き

後遺障害の有無・等級を認定するのは、加害者の保険会社ではなく、自賠責損害調査事務所です。加害者の任意保険会社を通じて行う事前認定の方法と加害者の自賠責保険会社に直接請求する被害者請求の方法があります。当コールセンターは、被害者請求に精通した行政書士とも連携しています。ベストな方法をご提案いたします。

保険会社から賠償額の提示

完治・後遺障害の有無・等級が確定して初めて慰謝料等を正確に算定できますから、この段階に来ていよいよ保険会社から賠償額の全体像が示されることになります。保険会社の提示額は、慰謝料を中心に本来の適正賠償額を大きく下回っているのが通常です。
決して保険会社の提示を鵜呑みにせず、提示額の当否について弁護士にご相談ください。無料で迅速にチェックします。

示談交渉

被害の実態にあったオーダーメイドの請求内容を取りまとめ、弁護士が保険会社への請求・交渉にあたります。弁護士が被害者の代理人に就けば、実際に裁判をしなくても、交渉段階から裁判所基準の慰謝料等を前提にできます。戦略的に敢えて訴訟を選ぶこともありますが、これまでの取扱事例の多くは交渉段階でスピーディに示談解決に至っています。

メール・電話でお問合せ→ご相談日時のご予約→各種解決方法ご提案→交渉・対応→問題解決
ご依頼の際に、費用は頂きません。まずはご相談頂き、安心を実感してください。 06-4707-3515 ・物損事故のみ、または、加害者の方からのご相談はお受けしておりません。営業時間 9:30〜17:30(土・日・祝を除く)
ページTOP